下半身同士で交流する場合

風俗特報特報という

そのうちひとりはネットで目星をつけておいた一番人気の娘。迷わず、待つことを承諾した。問診票を渡され、そそくさと受付を出た。問診票は好みのプレイをチェックする用紙。”顔面騎乗、にチェックを入れた。|2時間、街中をブラブラしてからホテルに向かった。受付に電話をして、娘の到着を待つこと10分。目がパッチリとした、細身のギャル系が現れた。ギャルに犯されたい俺は心の中でガッツポーズ。問診票を渡すと、項目ごとに質問してくれた。とても優しい雰囲気の娘だった。アナル攻めは事前に断った。
期待してる人、ごめん。5分ほどで問診が終わり、シャワーかと思えば、いきなり抱きついて耳元で騒かれた。
「変態くん?可愛いわねぇ」顔中を砥められ、キスはレンチキス。唾液の香りが俺を興奮させ、あっという間に下半身おつき。
「あれ?もう硬くなってるの?10秒数えるから、元に戻しなさい!変態君」戻るわけないです……。
「どうしておっきくなってるの?」君、変態なの?どんどん硬くなってるーエッチなカラダねぇ耳元で騒かれ続ける。股間をまさぐられながらパンツの中に手を突っ込まれ、アレの先っぽをトントンされる。どうやら、我慢汁が出まくってるらしい。パンツびしょ濡れ。お決まりのシャワー、カラダ洗い、イソジンうがいに進む。カラダ洗いのとき、断ったはずのアナルを撫でられる。
俺の中で何かが目覚めた。股間の充血は治まる気配がない。シャワーから上がり、そわそわと娘が出てくるまで待つ。娘が出てきて、ベッドに向かおうとすると待ちなさいと言われ、おっきしたモノを引っ張られ、本日1回目の悶絶。立ったままニギニギされ続け、同時に乳首と首筋と耳たぶを攻められ続けられた。俺から変な声が出た。本格的に目覚めた瞬間だった。ベッドに誘導され、枕元に謎のおもちゃ、目隠し、コンドームが用意される。
……何が始まるんだ?再び、お顔ぺろぺろが続き、かなりハードなディープキスを強制させられる。
その間、乳首をくりくりされ、俺からあらゆる暗ぎ声が出る。娘は休みなく言葉責めを続け、乳首をチュパチュパし始める。
気づくと先っぽから汁が垂れていた。娘がそれに気づくとこちらを見て微笑み、「あたしから、目をそらしちゃダメよ」と騒き、お口での愛無に突入。尋常じゃなくおっきしたモノを呼えながら、娘は俺を変態君と罵り続ける。早漏のはずの俺が何故かイカない。娘は呼えながら、俺の乳首を攻め続ける。俺から知らない人の声が出る。俺は誰だ?足がビクッとした瞬間、「まだイカせるわけないでしょ?」と、おっきから口を離した。娘が嬢にかわる瞬間だった。悦惚とした表情。俺に新しいスイッチが入った。
○○ン○見たい?と言われ、はい、見たいですと、いつの間にか敬語をで答えるようになる。その瞬間、嬢はアソコを俺の顔に押し付けてきた。さっきまで穿いてたはずの嬢のTバックはなく、生のアソコが俺の口にダイレクトシュート。いつの間に脱いだんだ?と思った瞬間、俺は嬢のヌレヌレを食り尽くしていた。憧れの強制顔面騎乗。じゅぼじゅぼ、一心不乱にヌレヌレを食り尽くしていたら、嬢は負けじと俺のモノをバキューム。

デリヘル店で店自体は大塚駅なのだが挿入さらに乳首もコリコリされ、頭の中が白くなり始める。俺の腰は無重力状態になり、浮き上がり始めた。万汁を顔中に塗りたくられ、放心し始めると、嬢は体位を変えて俺の頭を抱え、おっばいをなすりつけてくる。手コキが激しいような、優しいような、変拍子をキーブし、乳首を甘噛みされる。変拍子は途端に激しくなり、ひたすら端ぐ俺。嬢の乳首を吸い続けることが困難になり始めた。そして俺は無重力を感じながら、天に召された。仰向けの状態で俺の遺伝子は飛び散り、枕元にまで飛んできた。これには嬢もビックリしたようで、「なにこれー。キミ変態すぎるよー」と笑いながら罵倒された。賢者タイムに突入するはずだった俺は身体を起こそうとするが、再び嬢は俺を攻め始める。後から知ったが、ここは発射無制限の店だった。賢者になり地獄の底に行くはずだった俺に、嬢は手を差し伸べた。
実際には“ちんぐり返し”の体位に突入。[恥ずかしい=気持ちいい]という公式を、この時初めて知ることになる。断ったはずのアナルをスルッと触られビクッとなる。恐怖を感じた。俺の下半身は俺が賢者であることを知らないらしく、おっきが止まらない。嬢はそんな俺の硬くなったモノを見て再び罵る。
これはどう?と言われ、下半身に冷たい何かを感じる。ローション入りました。あまり好きではなかったはずのローションに、また変な声が出た。俺はローションを発明したやつに感謝した。ものすごい高速で手コキされ、悶絶を繰り返した。すると嬢は、もっと興奮しなさいと俺の口に手をあて、ぎ声に封をした。頭の中がぼやけはじめ、俺の両脚がヒクヒクし始めた。だが俺は負けたくない気持ちがあり、嬢のアソコに指を突っ込んだ。濡れていて、生暖かく、中にヒダヒダを感じた。
しかしそれは許されず、手コキは激しくなる一方。脚はヒクヒクし、俺の瑞ぎ声は解読不能な言語になる。頭の中を、蒼白い閃光が駆け巡る。嬢の中で指が果てた。
俺は高速手コキに全てを委わねた。そこは宇宙だった。太陽系銀河を遠くに感じ、新しい銀河に突入。キラキラ輝く大きなふたつの星を見つめ続けた。|長い間イッていた。ふたつの星はのパッチリとした目で、俺は嬢に恋をしてた。嬢はいつの間にか娘に戻り、優しいキスをしてきた。その瞬間電話が鳴り、終わりを告げられた。その後、少し照れ笑いしながらカラダを洗ってもらい、一緒にホテルを出た。射精後に賢者になれなかったのは初めてだった。

ドMな巨乳ちゃんと中出し問答

デリで見つけた嬢が、弾けそうな巨乳のドMだった。最高だ。童顔で笑顔が可愛い、ユリちゃん。最初に呼んだ時はデリを始めてまだ4回目の出勤で、段取りのぎこちなさに初々しさが感じられました。
スタイルは、背が低いにも関わらず服の上から見ても胸まわりがパンパンな感じ。これで身体が弛んでなければ上玉だなと思いなから、立ったまま服を脱がすと、重力に負けない大きく丸いおっばいと、引き締まった身体が。|鏡の前で全身を映しながら、背後から優しく胸を採みつう耳元で息がかかるように、大きいねと言うと、「プロフィールにはEカップって書いてますけど、本当はGなんです。お店の人が『デブと思われるから小さく書いとくね』って。やっぱり嫌ですか?」とおどおどと答える。いえいえ、顔もスタイルも、そのリアクションも期待以上。さらに鏡の前で、片手はおっばいを採んだり乳首を摘まんだりしながら身体を撫でまわすと、「見え過ぎて恥ずかしいです。

  • セックスよりも断然気持ちいいんだ
  • 愛撫している指先
  • 女子高生風俗嬢に見えてしまう幼げな童顔の眉

愛撫し始めた奴隷プレイだった愛撫をする

下着に精液の臭い暗くしてください」と身体をよじって隠そうとするのですが、余計におっばいが強調されてエロさ倍増。少しだけ暗くしてあげる。ほっとした様子のユリちゃんに、「暗くなって安心してるでしょう。違うんだよ。薄暗い方が身体に陰影がついて凹凸が強調されるから、かえっていやらしいんだよ」俺が最期まで言い終わらないうちに、はぅぅと声をあげて顔を歪めます.そっとアソコに指を這わすともう濡れ濡れ「あれ?
まだ今日ひとり目の客だよね。まだ始まったばかりなのに、ここがスゴいことになってるよ」
「あぁ、ごめんなさい。
なんかすぐ気持ち良くなってダメなんですぅ。ベッドに連れていってくださいぃ」クリ責めから逃げるように身体を前に屈めると、またもおっばいが強調されてさらにエロい。肩で息をしながら仰向けに横たわる彼女の横に密着するように並び、右手を挟み込み、さらに腕枕するように頭の下を通した私の左手で彼女の左手首を握り、自由を奪う。
「おっぱいも身体も全部よく見えるよ。キレイだね」
「うう、恥ずかしいです。そんなに見ないでください」
「じゃあ、触るのはいいのかな?」
自由な右手でカラダ中を弄る。おっばいを撫でたり採んだりしながら、わざと乳首にだけ触れないようにしてみる。
「はぁ、気持ちいい。何で、何で触ってくれないんですか?はぁはぁ」ん?触ってるじゃん?とぼけながら、おっぱいをぐっと強く採む。
「そ、そうなんですけど、あの……」
「何?どうして欲しいかはっきり言ってごらん」
「そんなの恥ずかしいです。恥ずかしくて言えません」
「ふーん。いいおっばいしてるよね」それでも乳首にはギリギリ触らないでいると、俺の指に乳首が当たるようにしたいのか、身をよじらしてくる。クネクネする腰のラインもいやらしい。でも、もちろん乳首にはまだ触らない。どうしたの?言わなきゃわからないよだね。
「うぅぅ。絶対わかってるのにい」何か不満そう何が?
「もう。
ユリの乳首も触ってください。お願いしますぅ」いじめられて困った風ながらも、内心は悦びで堪らない感じが参み出ている。よく言えたねと不意に乳首に吸い付くと、大きな声で端ぎ出した。小さめの乳輪としっかり固くなった乳首。甘噛みしたり、吸ってみたり、舌で転がしたりするごとに、身悶えするリアクションが楽しい。ぷるんぷるんだた。執物におっばいを責めていると、下半身をよじらせ始めた。太股を擦り合わせながらモジモジしているところに指を滑り込ませると、さっきよりもスゴいことに。
「いつの間にこんなになったの?」だって、だって指を入れると絡みつくようで、中も具合がいい。クリを剥いて責めると、大声で、「あー、おかしくなっちゃいます!だめです!だめです!」と叫び、身体をよじり、おっばいが揺れる。実にけしからん揺れ方です。
「わかったよ。いきなりすぎたね」拘束状態を解いて股間に顔を埋めて、舌で責めた。あー。それもだめなんですう暴れるので、両方のおっぱいに手を伸ばし、「暴れるから押さえて置かないとね」
と採みながら口撃を続けて、おっばいと可愛い声を堪能します。すっかりイキ疲れてぐったりとベッドに横たわっているところを、さも当然とばかりに正常位で挿入。
「あー、だめです。気持ち良すぎですぅ」変化をつけて突きながら、おっばいを驚掴みにして荒々しく採む。
「あぁ。スゴく気持ちいいですう。もっと強く採んでください。おっばいを強く採んでください。お願いしますぅ」懇願してくるユリのおっばいをさらに力強く採みながら、奥まで突く。こうかな?「はい。気持ちいいですぅ。でも……」
「跡が付くくらい、もっと強くして欲しいんです」マジですか?では遠慮なく。わしっと力を入れる。あー、スゴいですぅおっばいはともかく、乳首はどうなのかな?と強めに吸うと、「痛いくらいにしてくださいぃ」

股間を拭いてもらった後
とまたお願いしてきます。それで力一杯吸い付くと、いいですぅ。あの……、噛んでください。お願いしますマジですか。
ここまでの女は初めてなんで、恐る恐る、そーっと歯を立てる。
「あー、スゴいですぅ。もう、スゴいですぅ」とユリは声を震わせます。おっばいを堪能しながら腰を動かしていると、「もう壊れちゃいますう、そんな奥まで突いたら当たりますぅ、あぁ」と私の腰に手を回してしがみついてくる。あそこの締りも良く、絡みつくような感触。
「ユリちゃんはいけない子だなあ。生で本番して気持ち良くなっちゃうなんて」
「あぁ、ごめんなさい。気持ちよくてごめんなさい。あぁ。ごめんなさい」と半泣き状態でドM全開。
さらに強く私の腰を引き寄せるので、強い挿入感に加えて、自然と寄せてあげて状態になって、おっばいがスゴいこと大きなボールがふたつ並んでるみたいです。視覚、触覚、聴覚からエロさ満点です。さすがに限界が近くなってきた。腰を動かし続けながら、「もうイキそうだよ。どこに出したらいいかな?」
「ごめんなさい。中はダメです。お腹に出してください」中はダメなの?「中はダメですう。許してください。ごめんなさい。ごめんなさい」
じゃあ、どこ?お腹にえ、なかに違いますう。お腹に、中はダメですぅこうなればもう一頑張り。乳首を摘まんだまま正常位で突きまくる。腰の動きに合わせて乳首が引っ張られる度に、アンアンと可愛い声が部屋に響きます。
「もっと、もっと、たくさん突いてください」そんなに気持ちいいの?「生で入れられて、中出しされちゃうかもしれないのに?」
「ごめんなさい。中はだめです。許してください。でも生の大きなおちんちんが奥まで入ってると気持ちいいんです。ごめんなさい」
「お店はダメって言ってるのに?」
「内緒にしててください。初めてなんです。お願いします。でも気持ちいいんです」本当かどうかはともかく、俺のツボにはまるリアクション。
「あー、気持ちいいよ。ユリの中。良すぎてちゃんと我慢して外に出せるかなぁ」ダメです、中はダメです。ごめんなさい、許してください。あぁ、もっと突いてください。もうめちゃくちゃにお願いH6fと言いながら両手でおっぱいを自ら驚掴みにして、人差し指と中指で乳首を挟んで、ぎゅーっと真ん中に寄せます。
さあいくぞと、ラストスパート。
「あぁ、スゴいです。壊れちゃいます。もうわからないですぅ」一瞬、中出しもありか?とも思いましたが、この逸材は大事にしようと思い留まりました。が、とりあえず、「気持ちいいよ。このままイッちゃいそうだよ」
「中はダメです。ごめんなさい。許してください」
「わかってるよ。我慢するから大丈夫」こんなやりとりを何度か繰り返して楽しみました。
「あぁ、もう壊れそうです。イッてくださいい。ユリで気持ち良くなってくださいぃ」いいの?じゃあイクよ中は、中はダ、メ……ちゃんと外出ししました。
このあと、もう1回戦して、騎乗位でおつぱいを下から堪能しました。

彼女への不満を人妻デリ嬢で解消

俺4歳、女性経験2人。今までに彼女がいたこともあるし、セックスも何回かしたことはあった。けれど今のようにAVや無修正動画が横行している時代に、普通のセックスでは物足りないと感じるのは俺だけじゃないは.……|彼女とセックスするときには、雰囲気作りに始まり、電気も消さねばならないし、もちろんゴムも付けるし、色々と相手を労ってやらなければならない。

セックスを楽しむだけでなく

それに彼女がそんなにセックスに対して積極的な性格でなければ、向こうから愛撫などはまずしてくれない。そういうわけで俺は今まで、口でしてもらったこともなかったし、明るいところでアソコを見た事さえなかった。口でアソコをめることさえ恥ずかしいという理由から、たまにしかさせてくれなかった。
そして挿入はいつも正常位。もちろん俺が一生懸命に腰を振って終わり。向こうもそれなりに感じてはいるが、結局お互いイクこともなく、そのまま疲れて終わってしまうこともあった。そんなこんなで俺はずっとセックスに不満を持っていた。自分のしたいセックスができたら……。そんな願望を心の奥底に秘めて早1年。俺はついにデリヘルを呼ぶことを決意した。店は事前に調べておいた0分1万円コースの激安店だ。正直、顔や体型にそこまで好みはなかったので指名もしなかった。お店のホームページには0歳前後の子が多く、そう極端な体型の子もいなかったので大丈夫だろうと思っていた。
電話予約は意外にあっさりしたもので、住所を教えると「では今から女の子をお届けします」の一言で終わった。待ってる時間は異様に長く感じた。この日のために部屋をきれいに片付けもちろん女の子が来る前に、風呂で入念に体を洗った。どうせ女の子が来たら一緒に風呂に入らなければいけないことも知っていたが、それくらい緊張していたのだ。ついにインターホンが鳴った。電話をしてから軽く1時間近く経っていた。まいです部屋に入って来たのは……、どう見ても0歳前後のピチピチの女性ではなかった。明らかに0歳を越えた女で、しかも格好はそれに似つかわしくなく、太ももギリギリの超ミニスカに膝上まである網タイツ、そしてヒョウ柄のキャミソール、その上に毛皮のコートを羽織っていた。
俺の彼女はどちらかというと幼い格好や体型で、性格もエッチもおとなしい娘だったので、自分にはかなり刺激が強かった。とにかく緊張していた。震える声で、デリヘル初体験であるということ、彼女とは満足のいくセックスができず、アソコもろくに見たことがなく、口でしてもらうのも未経験であることを話した。彼女からは、自分は人妻で3歳であるということを聞かされた。今考えると、緊張して何もできないへタれな自分を、年下の女の子の前に晒すよりかは、彼女のような年上の女性に優しくリードしてもらう方がよかったと思う。そういう意味では逆にツイていたのかもしれない。彼女が座るときにミニスカの中から赤い光沢を放つ下着が見えてしまい、不覚にも勃起してしまった。
0分コースにすると決めた後、じゃあ、お風呂入る?と言われ、俺が緊張しているのを察したのか「もしかして、いきなり裸は恥ずかしい?」と聞かれてギクっとした。
「さっきお風呂入ったって言ってたね。じゃあ、私だけ入ってくるから、ちょっと待っててね」いきなり彼女はその場で服を脱ごうとし始めたので慌てて止めて、バスタオルを渡して風呂場へ誘導した。シャワーの音がする……。3歳の人妻が今、俺の部屋でシャワーを浴びている……。俺は何を思ったのか風呂場へ行った。
そして脱ぎ捨ててある服の中から、一際目立つ、赤い光沢を放つ布を手にとった。そう、その布はさっきまで女性の秘部を優しく包み込んでいたものである。

エッチの話をする

ペニスをしゃぶるほ俺は実は下着フェチで匂いフェチの変態である。その赤いパンティを手にした俺は、まだ暖かいそれを自分の鼻に近づけた。そして裏地の、いわゆるアソコに密着する部分の匂いを執勘に唄いだ。おそらくここに来る前にも体を洗っているのであろう、彼女の下着からは人間の体臭というものは驚くほど感じられなかった。匂いフェチの俺としては多少残念な結果であったが、無防備にシャワーを浴びてる間に下着の匂いを唄がれているなどとは思いもよらないだろうと想像すると、また勃起してしまった。
彼女の網タイツなども匂った。彼女が上がってきそうになったので、俺は部屋に戻りべッドの上で待機していた。風呂場から戻ってきた彼女は、長い髪を後ろでまとめ、バスタオルを胸の位置で巻いていて、いかにも風呂上りの人妻という感じであった。さて、俺は彼女より10歳近く年下だが、客として譲れない部分があった。それは、”本物の彼女のように接して欲しいということ。あとでそのデリ嬢に聞いた話ではあるが、基本的に彼女たちは男に下を晒すことに差恥心がない。だから俺にその反応を求められたときが一番困ったと。俺は彼女を布団へ招き入れ、布団の中で抱き合った。自分でも心臓の音が聞こえるくらいに緊張していた。|彼女が唇を重ねてきた。俺も夢中でそれに応じて、お互いの舌を絡ませ吸いあった。彼女が俺の服を脱がし、俺も彼女の巻いているバスタオルを剥ぎ取った。
布団の中でお互いの衣服を脱がし合うってのは、いつやっても興奮するもんだ。俺はパン一になり、彼女は裸になった。彼女がキスをしながら俺の股間や乳首を触ってくる。ムスコの先っぽからは既に大量の我慢汁が出ていた。すでにパンツは濡れていた。勃起して、ムスコの先端部分が濡れていることに気付いた彼女は、やたら先っぽを弄ってくるようになった。俺は仮性包茎である。完全に勃起した時は剥けるが、それ以外は被っているので先っぽは敏感なのである。俺は先っぽ責めにイキそうになって、思わず彼女の手を止めた。布団を捲し上げて見せてと頼むと、「あ、女の子のアソコを見たいって言ってたもんね」
と彼女は起き上がった。俺はそのまま彼女を押し倒し、脚を開かせた。AVでは何度も見てきたが、やはり実物はインパクトが違った……。夢中で見つめ、匂いを喚ぎ、砥めた。今度は彼女の脚を持ち上げてまんぐり返しの体勢にさせた。目の前には夢にまで見た女性の秘部が、完全に開かれて露わになっていた。お尻の穴まで丸見だった。決して濃くはなかったが、きれいに生え揃った陰毛はとてもいやらしかった。
俺は毛穴のひとつひとつまでじっくり観察した。濃い産毛が生えている胆門周辺もマジマジと見つめた。そして今度はお尻の穴をベロベロと紙め回した。優しく蹴をなぞるように、ある時には舌を尖らせて穴に突き刺した。ひと回りも年上の、それも人妻の肌門を祇めていると思うと興奮してしまった。自分の彼女に申し訳なくも感じたが、そこは彼氏を満足させられなかった報いと開き直った。俺はひとしきり満足すると、次はいよいょ口で奉仕してもらうことにした。
俺が横になると彼女がその上に覆いかぶさった。|彼女が布団をどかして俺のパンツを脱がすと、ムスコが顔を出した。
先端からは透明な液が自分でも驚くほど糸を引いていた。彼女に見られて俺は恥ずかしくなった。


デリヘル店で店自体は大塚駅なのだが挿入 セックスが楽しめないから何とかして下さい 熟女風俗嬢になると上を向いてくるという話もあるそうです