健康状態に大きく影響するのです

ガンを克服した人もいます
一日のうちのトラやライオンも狩りに膨大な時間を費やしますし、捕った獲物は生肉なので、とても硬い。食事の時間がものすごく長くなります。睡眠と食事以外の時間はわずかで、知的活動に費やす時間的な余裕がまったくあり人は火を使って調理することで、栄養価の高い肉やさまざまな食材を短時間でやわらかく食べられるようなそのことでおそらく脳が大きくなり、さらに進化して、知的な活動をしたり論理的に物事を考えることができるようになった。だから火を発明したこと、それを生活の一部として使うことは、人類が進化し今日のように繁栄していく上で、とても重要な出来事だったのだと思いますさらに、人間は火を使うことで、同じ時間帯に1カ所で一緒に食事をするようになったのだと思います。それまでは、てんでんばらばらに森に行って狩りをして、捕獲した獲物はその場で生肉で食べていたのでしょう。

いずれにしても、治療をするのは医師で、患者さんは治療を受ける立場になります。主治医は、その患者さんのライフスタイルを考慮しながら、いちばんよい治療法を提案してくれているはずですから、医師の話をよく聞いてください。患者さんと医師が、お互いに納得したうえで治療を進めるのが最善です。手術の選択についての考え方は、次のチャートのようになります。子宮内膜症の保存手術は妊娠に結びつく可能性あり不妊症の方、早く子どもをつくりたい方に保存手術をすすめるのは、子宮内膜症の治療が結果として不妊治らんかんさい療に結びつくことがあるからです。保存手術としての腹腔鏡下手術には、子宮の癒着をはがして卵管や卵管采不妊の原因とも考えられる内膜症の病巣を取り除くことも、妊娠の可能性の動きをよくするメリットがあり、を高めます。

病気になってから世間の目が気になり

不妊症で検査をしたら、卵巣チョコレートのう胞が見つかった場合、もっともすすめられている方法は、腹腔鏡で卵巣チョコレートのう胞(病巣)だけを取り、腹膜にまで広がった内膜組織を高周波メスや、超音波メスで焼ききる方法です。最近の研究では、この腹腔鏡下手術をすることによって、妊娠率が上がるという報告も出ています。ただ、内膜症による癒着が広範囲にあると、完全に癒着をはがせないことがあるため、自然妊娠がうまくいかないこともあります。そういうときは人工授精という方法を用いるとよいかもしれません。私の経験からすると、これまでたくさんの患者さんがこの方法を用いて、高い確率で妊娠しています。子宮内膜症の患者さんが妊娠したら子宮内膜症があったら、ぜったい妊娠できないかといえば、決してそうではありません。

ガン患者の食歴を調べていくと


粘膜下筋腫子宮筋腫の一種子宮筋腫とはどんな病気?ところが人間は火を発明しました。おそらく、雷か何かが落ちて火の手が上がり、火事がおさまった後、そこに行ってみたら獲物が焼け死んでいて、生で食べるよりやわらかく、おいしかったのアプローチが始まっていったのだと思います。「ギリシャ神話」によれば、人類に火をもたらしたのは、火の神プロメテウスということになっています。火という貴重なものを授かった代償に、食べ物の中のAGEという、どちらかというとありがたくないものを押しつけられてしまったのかもしれませんこんなところから火へチンパンジーに比べて人間の脳が発達した理由の一つは、なくなったためだとも考えられています人間が火で調理することで食事にかける時間が少キリンやゾウを例にとると、彼らは朝から晩まで栄養価の少ない葉っぱを食べていますよね。大半を食事の時間に費やす。とてもではありませんが、知的活動ができる時間などありません。

病気の関係の見直しによってこれらの

一日のうちのトラやライオンも狩りに膨大な時間を費やしますし、捕った獲物は生肉なので、とても硬い。食事の時間がものすごく長くなります。睡眠と食事以外の時間はわずかで、知的活動に費やす時間的な余裕がまったくあり人は火を使って調理することで、栄養価の高い肉やさまざまな食材を短時間でやわらかく食べられるようなそのことでおそらく脳が大きくなり、さらに進化して、知的な活動をしたり論理的に物事を考えることができるようになった。だから火を発明したこと、それを生活の一部として使うことは、人類が進化し今日のように繁栄していく上で、とても重要な出来事だったのだと思いますさらに、人間は火を使うことで、同じ時間帯に1カ所で一緒に食事をするようになったのだと思います。それまでは、てんでんばらばらに森に行って狩りをして、捕獲した獲物はその場で生肉で食べていたのでしょう。

病気を治すわけではなく


ガンを発症した人は一人もいませんこうした乳ガンを
その間にAGEがつくられ、同じくらいの高血糖値でも三、四日だけなら、その間につくられるAGEはわずかです。でもそれが三年五年、10年とつづけば、その分、どんどんAGEはつくられて、取り返しがつかない量までたまってしまいAGEの値は、とができます。どれだけ高い血糖に、どれぐらい長い期間さらされたかという、いわばかけ算であらわすこGEの量1血糖値×その持続時間GEの量は増えますので、ツケのようにたまってしまっては元に戻せません。たとえ血糖値が正常の範囲内にあっても、七〇年、八○年と長く生きてきたとすかけ算の値が大きいほど、老化を問題にするときは、その分、GEの量は多くなる、という見方をしなければいけませんつまり生きている時間が長くなるにつれて、血管が傷んだり、脳梗塞や心筋梗塞になったり、歯周病になったり、骨がもろくなったり、認知症になるなど老化現象があらわれるということです。「長生きすれば、それだけ組織がポンコツになって、老化するのは当たり前だろう」と思うかもしれませんがなぜポンコツになるのかというと、その老化のメカニズムにAGEが深くからんでいるのです。

病気の原因を受け継いだからではなく

反対に若い人でも血糖値が高いと、かけ算の値が大きくなるので、の進行に個人差があらわれることが理解されます老化は早く進みます。人によって、そして最悪なのは血糖値が高い状態のまま年齢を重ねていくことです。かけ算の値が飛躍的に増えて、老化が加速します。このことを見ても、中年になって高い血糖値を放置することが、いかに危険なことなのかがわかりますね健診で「あなたは血糖値が高いから食生活を改善しなさい、運動をしなさい」と指摘されても、まったく意に介さない人がいます。しかし、この助言は「あなたは老化の進行がほかの人と比べて早いですよ」と宣告されていることと同じことです。

カテゴリー: ストレス健康